住宅瑕疵保険

ホーム > 住宅瑕疵保険

2009年10月1日、住宅瑕疵担保履行法がスタートしました。株式会社ナカムラは、わずらわしい保険手続きまで含め御社の業務をバックアップ致します。

住宅瑕疵保険加入は、事業所の事前届けが必要です。既に受付を開始しております。

住宅瑕疵担保履行法の施行により、平成21年10月1日以降の新築住宅の引渡しには、 保険の付保又は保証金の供託が義務付けられます。棟数ベースで年間5,000戸以下の場合は、 供託では保険加入が有利と試算されています。早い段階で住宅瑕疵保険制度への対応して 頂くことをお勧め致します。
株式会社ナカムラは、株式会社あんしん保証の取次店として、 住宅瑕疵保険の取り扱いを開始しております。弊社にお任せ頂くと、事前届けから物件毎の煩わしい 保険手続きの業務からも開放されます。お気軽にお問合せ下さい。

ポイント1 義務付けの対象となる事業者

注文・賃貸住宅の請負人または分譲住宅の売主です。但し、宅建業者や建設業者などへ住宅を引き渡す場合は付保の必要はありません。

売主等に資力確保措置が義務付けられるのは、所有者となる発注者または買主(宅建業者除く)に新築住宅を引き渡す場合です。代表的なケースは次のとおりです。

義務付け対象の事業者(工務店・宅建業者)

ポイント2 対象となる瑕疵担保責任保険の範囲

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分

ポイント3 保険のしくみ

個々の住宅について保険契約を締結し、瑕疵により損害が発生した場合には保険料が支払われます。

保険のしくみイメージ

住宅瑕疵保険のご案内