太陽光発電の仕組み

トップページ > 太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み

太陽光発電システムとは太陽の「光エネルギー」を直接「電気エネルギー」に変換し、発電した電気を、パワーコンディショナにより直流電力から交流電力に変換することで、ご家庭内のさまざまな家電製品で使うことがで きるようになります。太陽光だけを利用して発電するため、特別なことは何もせず、気軽にエネルギーが作ることができ、CO2を 排出しないクリーンでエコな暮らしがはじめられます。

また、曇りや雨の日など発電した電気では足りない時や夜間などは必要分のみを今まで通り、電力会社から電気を買うので、電力会社ともつながっています。昼間に発電し、余った電気は電力会社に売ることができます。売る電気と買う電気のやり取りは 自動で効率的に行われ、特別な操作は要りません。月単位で買った分の電気は電力会社に支払い、売った分の電力料金はお客様の銀行口座に振り込まれるカタチが一般的です。

自立運転モードで、いざというときにも電気を供給

地震や台風などの災害により、もしも長期間停電になった場合でも、太陽光発電なら自立運転モードで電気を供給。専用のコンセントに、使用したい電気製品を差し込めば、発電している分の電気を使うことができます。 天候条件や時間帯によって制約はあるものの、自立運転に切り替えることで専用コンセントでAC 100V (最大1.5KWまで)が使用できます。これを上手に活用すれば、電気が復旧する迄でも、様々な電化製品が使用可能。テレビやラジオなどを使用して災害時 の最新情報を確認したり、携帯電話を充電しておくことができたり。停電時にも、様々な場面で活躍する太陽光発電です。

施工からアフターサービスまで

ナカムラでは、平成10年より太陽光発電を販売施工しています。建物の事前調査を徹底的に施し、施工の際も防水等雨漏り対策を万全に行うそうで、メーカーの施工マニュアル以上の施工体制を敷いています。 太陽光発電10年の実績を持つナカムラなら、雨の日も、風の日も屋根の上で働く太陽光パネルを、施工からアフターサービスまで、すべてフォローいたします。安心してお任せ下さい。